ゲームばかりしている(41歳)

日々のゲームの記録とか。たまに競馬、プロレス、カフェ

UFC4 サウスポーがスイッチした時のダメージ


サウスポー選手を使いたいんですが、左構えのままだと私の脳がバグって上手く使えません。
右構えにスイッチすればいいんですが、左よりダメージが落ちる。
そういえば一体どのくらい落ちるんだろう?

最大ダメージの比較

ミドル級の左利き選手、ロメロとマチダで検証しました。理由は私が使いたいから。
最大ダメージは、練習モードで出る()かっこ内の数字です。

打撃を受けるのはいずれもマチダです。

基本打撃だけ調べてみました。左スティックはニュートラルです。

ロメロで平均 -5.3%
マチダで平均 -4.8%
2人合計で  -5.1% 減少していました。

実際に与えたダメージ比較

最大ダメージは約5%減ですが、実際に与えるダメージはどうなんだ?

相手に目一杯近づいて、左右のストレートで比較してみました。


ミドルキックも比較しようとしました。
小ステップ1回前に出てからのキックが、スイッチ後だとちょうどいい距離なので

左構え 26(最大26.8)
右構え 26(最大25.5)

…と右が最大値を超えたので中止。


ストレート10回平均値の比較

ストレートしか調べていませんが、
-6.8%。約7%と書くと大きく感じます。
ただマチダのストレート最大ダメージも -5.7%です。
ロメロのストレート最大ダメージも-6.2%です。
元々ストレートはダメージ減少が多いのかもしれません。


ストレートの場合、最大ダメージ -5.7% → 実ダメージ -6.8% と約1%悪くなっているので、
推測ですがスイッチするとで5~7%程度 実ダメージは落ちるかもしれません。

サウスポーも使えた方がいいけども…

サウスポーも使えた方が、本来の力を発揮できます。

また、右利きの選手でもスイッチが使えれば…
・左脚を破壊されてもスイッチできる
・タックル後など脚が入れ替わっても、そのまま戦える
・スイッチすることで距離感を変える
・こっそりスイッチして、スピニングキックの回避方向を変える

こともできます。


結論としては5~7%ダメージ減少を我慢できれば、右にスイッチして戦うのも有りかもしれません。
使える選手の幅が広がりますし、選手の特徴を覚えれば対戦で戦う時に参考になるかもしれません。

一番の難点は
ラウンド開始後にスイッチすると、グローブタッチができなくなること…。

「ゲームばかりしている」は、
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。