ゲームばかりしている(41歳)

日々のゲームの記録とか。たまに競馬、プロレス、カフェ

【UFC4】ハーフガード考察:トップ側

注意
グラウンドの仕組みが理解できずに、毎作買っては積んでいました。
UFC4から始めた方が『グラウンドがわからないから辞める!』となるのが悲しいので、私なりにグラウンドについてまとめます。今辞めるのもったいない!!
上級者の方は温かい目で見てください。

どうも永遠の初心者です。
以前、ポジション転換の妨害動画を作りましたが、もう少し踏み込んだ方がいいなと思い、ブログ自体も書き直すことにしました。
まずはハーフガードのトップ側から。


コメント欄は、はてなブログバイアグラの宣伝リンク書き込まれ事件から閉鎖しています。何かあればTwitterまでお願いします。
Oggy (@OggyAnd) | Twitter

まずは、どちらの脚に乗っているか確認

今回は全て左脚に乗っている場合です。
右脚の場合は左右が逆になるだけです。

トップ側の選択肢


トップマウントサイドコントロールに移れる大切なポジションです。

ハーフを維持する場合は、相手の寝技に注意が必要。これは後述します。
ちなみに上体を起こさなくても、ボディ攻撃は可能です。ダメージ1くらいですが…。



グラウンド苦手な人はL1で立ち上がり。
L2で寝技がある選手もいます。
どちらも妨害されると、上下入れ替わるリスクがあります。特にL1↑立ち上がりは転換の★が低くても、倒されて上下反転される印象です。

L2→寝技は肩固めしか確認できませんでした。
モーションがデカいので、転換の★が高い選手にはひっくり返さられるかもしれません。肩固めについては500文字くらい書きたいので、今回はやめておきます。

ボトム側の選択肢と注意する割合


N


L1


L2
*上記の選択肢がない選手もいます。


ボトム側は←立ち上がりまたは←フルガードを狙ってくるはずなので、注意すべきは←(乗っている脚方向)でしょうか。
一番最後に動画を貼っていますが、←は3種類あり、内2種類は動きが小さくわかりづらいです。特に1つは寝技なので、逆転される可能性もあるので気をつけましょう。私のように反射神経がない人は、←のケア割合多めでいいと思います。


↑と→はモーションがデカいし遅いので、見てから余裕だと思います。(グラップルゲージについては割愛)


←立ち上がりはフルガード状態の↓立ち上がり(フルガード時)に似ているので、慣れない内は↓と勘違いしがちです。


最速発動は↑スプロール
DIV 1~12でスプロールを選択する人は見たことがありません。また後日スプロール考察を書きますが、かなり分かりやすいポジションなので、妨害に失敗しても大丈夫。落ち着いて連続入力三択(←↑→立ち上がり)対処しましょう。(連続入力で↓ハーフガード選ぶ人おらんやろ?)
次回ハーフガード考察:ボトム側で書きますが、ボトム側はスプロールを選ぶのは有りでは?と考えています。


動画におまけあります。
www.youtube.com

「ゲームばかりしている」は、
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。