ゲームばかりしている(36歳)

日々のゲームの記録とか。たまに競馬、プロレス、カフェ

Spec Ops: The Line クリアしました

なんという酷いゲームだ…。重い、そして狂ってた。
アメリカ人同士で戦うようになり、誰が味方かわからない状態で、誤って民間人に迫撃砲打ってしまう主人公ウォーカー。
そこからは、自責の念で幻覚幻聴、正しいと信じて行ったことは全て失敗し、大量の人人人が死んでいく。
ロード中画面のアドバイスにすら、

全部ウォーカーの責任だ
と書かれるくらいの有様…。
いやぁ狂ってたね。良作。


ストーリー解説してくれてるサイトを探してたら、

TPSでありながらTPSではなく、やはりこれはタイトルの中で最大の山場にあるのがウォーカーの精神を巡る旅の演出にあるゆえに、ゲームの快感の質はアドベンチャーに近いのだ。

と書いてるサイトがありました。
たしかに、ゲームとしては最高に面白いアクションの部類には正直入りません。
ただ、ストーリーに引きこまれていく感覚はアドベンチャー。
アクションは、ウォーカーの世界に引き込むための演出にしかない、というのも納得です。
リンク貼っておきます
spec ops the line「スペックオプス・ザ・ライン」 感想と考察・砂嵐の奥にて


「ゲームばかりしている」は、
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。