ゲームばかりしている(38歳)

日々のゲームの記録とか。たまに競馬、プロレス、カフェ

外付けSSDが欲しかったのに内蔵型を買った理由

f:id:game-bakari:20190727082512j:plain
初期型PS4でもSSDによる高速読み込みの恩恵を得るべく、外付けSSDを買うことにしました。
しかし、買ったのは内蔵型取り付けケース

問題なく使用できており、速くなるとは知っていましたが、実際にDivision 2で試してビックリしています。また、初期型PS4(北米版)でDivision 2をプレイ中にPSメニューを開くと激重だったのが、全く普通になったのも嬉しい出来事。

以下、内蔵型を購入した理由です。

QLCのコスパに疑問を持ったから

blog.livedoor.jp

色々読んでて、Samsung製を買おうとすぐ決まりました。

次にEVO(TLC)とQVO(QLC)の違いが気になる…。

調べてみると、QLCは高速読み込みのためにSLCでキャッシュを確保しているが、容量が増えてキャッシュが確保できないと速度が落ちる。
わざわざQLCで1TB買っても、1TB近くは使えないってことか。

単純に安い

普通に外付けを買うより、内蔵型と外付けケースを買った方が安かったから。

私はORICO製の外付けケースを買いましたが、特に問題なく使用できています。

Samsung製 外付けSSDの性能が不明だったため

具体的にはTBW(Total Byte Written:総書き込み容量)。

他のSamsungSSDは、TBWと○年保証の記載があるけど、外付けT5は3年保証の記載のみ。
最近のSSDの性能と、自分の積みゲーライフを考慮すれば、余裕で10年近くは持つでしょう。それでも、TBWが書いてないのはうーん…。


コスパ等の問題もあり、今回はTLC 500GBと外付けケースになりました。
内蔵型なら、PC用にも流用できるしね。

「ゲームばかりしている」は、
Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。